あの道の、その先へ!

You don't know the future, nor the past what ever it is. It is this moment.

パキスタンツーリング2019

日本の世の中が令和元年に湧き立つ中、

僕はパキスタンに存在する”カラコルムハイウェイ”に湧き立っていた。

 

カラコルムハイウェイはパキスタンと中国とを陸路で繋ぐ道で、現在も中国とパキスタンの重要な交易路である。

その道はヒマラヤ山脈カラコルム山脈ヒンドゥークシュ山脈の間をぬって通っており、

ゴールは中国との国境、Khunjerab Pass(4693m)。

 

一般人の必須バイブル、地球の歩き方パキスタン版は2007年を最後に発刊されず。

外務省の危険度レベルで見ると、黄色やら赤色やら、、、。 

でも調べていくと、そこまで怖がる国ではないことがわかり行ってみることに。 

ある偉い人は言いました。「”行きたい”が”怖さ”上回ったらいくしかない」

(実際のところ全く危ない国ではありませんでした)

 

そんなこんなで10月に連休をゲットし、秋のフンザカラコルムハイウェイを楽しんできたお話。

ここではざっと全体像をまとめます。

 

 ①行きたかったところ(フンザカラコルムハイウェイとは?)

行ってみたかったのは紅葉の時期のフンザと、カラコルムハイウェイの全線走破。

 

 

イスラマバード付近からスタートする国道35号線(N-35)を、

カラコルムハイウェイ(Karakoram Highway)と呼んでいるようだ。

 

中国側から300kmほどはすごく状態の良いアスファルトで、

信号ゼロのワインディングが300kmぐらい続きます(中国資本すごい)

 

f:id:thksads:20200217023711j:plain

カラコルムハイウェイ道中での一枚。

また、Khnjerab Passへと向かう途中にフンザがあり、

現在は国内外からの観光客だけでなく、パキスタンの避暑地として人気の土地となっている。

f:id:thksads:20200217025509j:plain

フンザはこんな感じ

f:id:thksads:20200306130633j:plain

フンザの谷に子どもの声が響く

 旅程

2019/10/19〜10/26(8日間)

10/19(土) バンコク経由でパキスタンイスラマバード

10/20(日) イスラマバード〜ベシャーム(Besham) 270km

10/21(月) ベシャーム(Besham)〜フンザ(Hunza vally,Karimabad) 350km

10/22(火) Khunjerab passへ(フンザより往復) 370km

10/23(水) フンザ〜ギルギット(Gilgit) 150km

10/24(木) ギルギット〜ベシャーム

10/25(金) ベシャーム〜イスラマバード その日の夜便で日本へ

10/26(土) バンコク経由で日本着

 

6日間1980kmの旅路でした。

 

 

 利用した旅行会社(バイクを借りたところ)

日本の秘境専門の旅行会社、西遊旅行の現地支社が展開するお店。

今回の旅はこのお店でバイクをレンタルし、イスラマバードをスタートに、

バイクガイドと2人でフンジュラブ峠を目指すプランでお願いしました。

日本の会社の現地支社ということもあって、ばっちり信頼できるお店でした。

www.pakistan-bikers.com

KLX250とかRX3とか、ヤマハTTRなんかを借りれます。

夏季であればカラコルムハイウェイをショートカットできるBabusarPassは標高4173m、

ゴールのKhunjerabPassも4693m。このあたりになると標高が高いのでKLXかRX3のようなFI車のレンタルがおすすめです。

 

中国メーカー製のRX3もガイドと交換して乗らせてもらいましたが、

普通に乗りやすい良いバイクでした。今後はCRF250Lを導入し事業拡大を図るそうです。

 

 ④TIPS

1.パキスタンをバイクで旅するには

・旅行会社のバイクツアーを利用する

www.cruze.co.jp

安心していけるのはやっぱり日本の旅行会社。

特に情報の少ない、パキスタンのバイクツアーを催行してくれるのは有難い限りです。

・現地旅行会社を利用する

www.pakistan-bikers.com

www.karakorambikers.com

現地のバイク系旅行会社はおそらくほぼこの2社に絞られるかと。

Karakoram Bikersでも良かったのですが、スタートが北部のギルギットスタートでしたので選びませんでした。

カラコルムハイウェイを全線走行したかったのと、ギルギット行きの飛行機のキャンセル率が凄く高いと聞いていたため)

 

2.パキスタンのビザについて

詳細は先人の方々のブログを参考にしました。

東京の大使館に必要書類を揃えてパスポートを送付すると、一週間ぐらいでビザの用紙を貼ったパスポートが返送されて来ます。

↓以下参考にさせて頂いたサイト

tomomi-infinity.com

 

e-VISAの制度も開始されたようですが、利用しなかったため詳細は不明。 

 

3.パキスタンの情報とか

ツアーを利用した日本人観光客はすごく多いのですが、人気の国ではないので個人で旅行された方の情報がすごく少なく…。

以下参考にさせてもらっていたリンクを貼っておきます。

 

↓miyukixさんのブログ

miyukix.net

中国側からパキスタンに入国、北部のカラコルムハイウェイを自転車で旅行されています。

パキスタン北部の雰囲気がわかりやすく非常に参考になりました。

 

↓スズケーさんのサイト

suzukikeiko.com

フンザ周辺の情報が豊富に記載されています。

フンザの日本語版マップも掲載されており、旅行前には必見。

 

↓西遊旅行さんのサイト

www.saiyu.co.jp

youtubeで見つけた動画

youtu.be

国の雰囲気とかはわかりやすいと思います。



 ⑤思い出の写真とか

以下、ざっと思い出の写真をいくつか。

f:id:thksads:20191020113059j:plain

イスラマバードの旅行会社オフィス前。旅の始まり。

f:id:thksads:20191020130846j:plain

f:id:thksads:20191020153549j:plain

f:id:thksads:20191020161253j:plain

アボッタバードの街中。渋滞がひどく、走行に気を使う

f:id:thksads:20191020195353j:plain

f:id:thksads:20191021121624j:plain

Besharmからの深い谷沿いの道。気持ちの良いワインディングが続く。

f:id:thksads:20191021121643j:plain

道中、所々にあるポリスオフィス

f:id:thksads:20191021130816j:plain

f:id:thksads:20191021134302j:plain

f:id:thksads:20191021162940j:plain

f:id:thksads:20191021162940j:plain

道路を通行止めにして、上から土砂を川まで落とすパキスタン流の工事

f:id:thksads:20191022135941j:plain

パスー氷河

f:id:thksads:20191022142030j:plain

f:id:thksads:20191022110043j:plain

f:id:thksads:20191022111142j:plain

フンジュラブ国立公園の入り口

f:id:thksads:20191022115340j:plain

f:id:thksads:20191022121941j:plain

最後は雪でした…笑

f:id:thksads:20191022122003j:plain

パキスタン最果ての地で雪の上を走ることになるとは笑

f:id:thksads:20191022123520j:plain

この門を見たかった


ちなみに今ココ↓

いつか行きたいパミールハイウェイやワハン回廊もすぐそこ…。

どうせなら寄って行きたいところですが、ヒンデュークシュ山脈に阻まれパキスタン側から行くことはできません。

 

f:id:thksads:20191022124537j:plain

ゴールのイスラマバードまで残り857km。

帰りは少し寄り道し、オフロードで遊んだりしながら、一路イスラマバードまで戻りました。

f:id:thksads:20191023162423j:plain

f:id:thksads:20191022162030j:plain

f:id:thksads:20200306121336j:plain

 

f:id:thksads:20200306121410j:plain

 

というわけで、少々せわしなくなるものの、

9連休を用意できればフンジュラブ峠往復は可能というお話でした。

正直パキスタンを楽しむには一週間では不十分でした…。

 

細かい旅行記は後にまとめる予定。

 

おわり